第108回例会(WEB講演会)のご案内 

 輸送機器の低燃費化・二酸化炭素排出削減のための軽量化などを目的に,軽金属や樹脂を組み合わせたマルチマテリアル化が進められています。これには,異種材料を接合・接着する技術が必須であり,様々な手法が検討されております。その中で,アルミニウム合金と樹脂の接合・接着においてアノード酸化が重要な役割を果たしています。そこで,本例会では,アルミニウム合金のアノード酸化を利用した金属と樹脂の直接接合・接着に関する研究をご紹介いただきます。多数のご参加をお待ちしております。

第108回ARS例会 ーアルミニウムと樹脂の接合・接着ー

【日時】2022年(令和4年)7月6日(水)13:15〜16:50
【会場】オンライン開催(Zoom使用)
【主催】ARS
【協賛】(公社)日本金属学会,(一社)軽金属学会,(公社)日本表面真空学会など(依頼予定)
【申込】1) 氏名,2) 所属,3) 連絡先(e-mail 電話番号),4) 会員種別(ARS会員,学生,表協/協賛学会会員,一般)を明記の上,事務局にe-mailでお申し込みください。申込先 ARS部会事務局:ars_officeアットマークeng.u-hyogo.ac.jp
【参加費】ARS会員・学生:無料, 表面技術協会/協賛学会会員: 3000円,一般:5000円 (振込先などは申込受付後に別途連絡致します) ※なお、ARSに団体会員はございません。個人会員のみとなります。
【申込締切】6月24日(金)(申込多数の場合は早期に締め切ることがあります)
 
13:15-13:20 開会挨拶  (兵庫県立大学) 八重真治
13:20-14:00 陽極酸化ポーラスアルミナ構造を適用した金属樹脂直接接合法 (東京大学) 梶原優介
14:15-14:55 アルミニウムと樹脂の射出一体成形における接合メカニズム  (日本軽金属㈱) 錦織祐介
15:10-15:50 3Dナノ構造を有するアルミニウム合金と熱可塑性炭素繊維強化プラスチックの直接接合  (早稲田大学)細井厚志
16:05-16:45 アルミニウム合金の接着・接合性を向上させる表面処理 (広島工業大学) 日野 実
16:45-16:50 閉会挨拶  (日本軽金属)田口喜弘

 

 部会名称(日本語)の変更について 

 近年、ARS部会が対象とする研究分野が拡大し、アルミニウムをはじめとする金属材料だけではなく、シリコンやヒ化ガリウムなどの半導体材料も扱うことが多くなってまいりました。そのため、2022年度よりARS部会の日本語名称を従来の「金属のアノード酸化皮膜の機能化部会」から「アノード酸化皮膜の機能化部会」に変更いたしました。なお、略称はこれまでと変わらず「ARS部会」です。この機会に、アノード酸化に興味をお持ちの方に多数ご参加・入会いただければ幸いです。
 

 

 第107回例会およびARS2021研究発表会(WEB)開催報告 

 12月7日に第107回例会,翌8日に研究発表会がWeb会議方式でまとめて開催されました。第107回例会はチュートリアルとし,菊地竜也准教授(北海道大),土谷博昭准教授(大阪大),原 健二氏(奥野製薬工業)が講師となりAlアノード酸化の基礎,Tiアノード酸化の基礎,Alアノード酸化皮膜への着色技術に関する講演が行われました.研究発表会では15名の学生による発表があり,多彩な材料,アノード酸化手法,応用展開に関する発表がなされ,それぞれの発表の後には専門的で活発な討論が行われました.例年開催しているコンファレンスが昨年に続き延期となり,Web方式の例会・研究発表会となった事は残念ですが,Web方式が参加者を増やす結果となった様で,参加登録者は85名に上りました.初日に基礎を,翌日に先端研究に触れることで,有意義な会になった事を願っています.
  研究発表会の後に学生交流会が行われましたが,その場で,優秀講演賞として以下の4名が表彰されました.副賞として,Tiのアノード酸化技術の発展に貢献された黒田孝一氏の記念賞が贈呈されました.

(西尾和之幹事

第107回例会 ―2021年度チュートリアル:
 アノード酸化の基礎―
 
【日時】令和3年12月7日(火)13:00~17:00 例会 ―チュートリアル―
【会場】オンライン開催(zoom使用)
 
【依頼講演】
アルミニウムのアノード酸化の基礎1 (北海道大学) 菊地竜也
アルミニウムのアノード酸化の基礎2 (北海道大学) 菊地竜也
チタンのアノード酸化の基礎 (大阪大学) 土谷博昭
アルミニウムのアノード酸化皮膜の着色の基礎 (奥野製薬工業㈱) 原 健二

ARS2021研究発表会
 
優秀発表賞・黒田孝一記念賞受賞者
伊藤榛華さん (都立大院都市環境) 「ALDを用いた大周期理想配列アルミナスルーホールメンブレンの形成」
佐野拓馬君 (工学院大院工) 「シュウ酸中でのアノード酸化ポーラスアルミナの生成に及ぼすエチレングリコール添加量の影響」
佐藤美羽さん (北大院工) 「表面微細構造の均一性に優れたプラズマ電解酸化皮膜の形成」
安田拓海君 (京大院工) 「NH4F浴を用いたSiの陽極酸化における二次元パターンの自己組織化形成」
 
例会・研究発表会参加者:85名

 

 

 第37回ARS三河コンファレンスの再延期について 

 第37回ARS三河コンファレンスを2021年秋に開催する予定で準備を進めておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大をふまえ、さらに1年延期して2022年秋に開催することといたしました。今後の予定につきましては、随時ホームページでご報告いたします。
 

 

 第106回例会(オンライン)開催報告 

 7月2日に、Zoomを利用したweb会議方式で第106回例会が開催されました。本例会では主題を「アノード酸化を利用した抗菌機能に関する研究と関連技術」として、現在はもとより将来にわたって重要となる抗菌に関する4件の講演が行われました。基調講演では抗菌の評価方法を含む基礎知識から陽極酸化皮膜へのヨウ素の付与技術について、その後の講演では可視光応答型抗菌チタン表面の形成、抗菌性ポーラスアルミナ封孔剤、紫外線殺菌効果を高めるAl反射材の開発について非常に興味深い発表があり、短い時間の中で活発なディスカッションが行われました。

(西尾和之幹事)

第106回ARS例会
アノード酸化を利用した抗菌機能に関する研究と関連技術
 
【日時】令和3年7月2日(金)13:00〜16:05
【会場】オンライン開催(Zoom使用)
 
【依頼講演】 
○抗菌性をもつアルミニウム陽極酸化皮膜の評価法  (千葉工業大学) 橋本 和明
○有機溶媒陽極酸化による可視応答光触媒皮膜形成-抗菌チタン材料への応用- (北見工業大学) 大津 直史
○抗菌性アルミニウム陽極酸化封孔剤の開発  (奥野製薬工業㈱) 田中 克幸
○上水道殺菌用紫外線反射材の開発 (日本軽金属㈱) 遠藤 正憲
 
参加者:70名

 

 ARS2020研究発表会(WEB)開催報告 

 11月13日に、Zoomを利用したweb会議方式でARS研究発表会が開催されました。例年はARSコンファレンス会場でポスター発表の方式で実施していますが、今年度のコンファレンスが延期となった中、web会議で実施しました。学生を中心に18件の発表があり、参加者は79名にのぼりました。例年のポスター発表では時間内に全ての発表を見るのは困難ですが、今回は1日かけて順番に発表したため、発表者・聴講者共に非常に有意義な発表会になったものと思われます。18件の発表の後にはweb上で学生交流会が行われ、活発な情報交換が行われた様です。
 
 今回の発表会では、優秀講演として以下の3名が表彰されました。副賞として、黒田孝一記念賞が贈呈されました。

優秀講演賞・黒田孝一記念賞受賞者
浅見玲那さん (都立大院都市環境)  「膜乳化プロセスによる単分散タンパク質微粒子の作製とサイズ制御」
島津佑輔君 (兵庫県立大院工) 「金属援用エッチングにより作製した多孔質Siのレーザープラズマ分光への応用」
前田有輝君 (京大院工) 「炭素空孔・ドーパント対形成が可能にするSiC陽極酸化」

(西尾和之幹事)
 

 第105回例会(東京ビッグサイト)開催報告 

 第105回例会、SURTECH2020 ARS部会講演が、東京ビッグサイトで開催されました。例年とは異なり、SURTECHが新設の南展示棟で行われましたので、同じく南展示棟2階の会議室での開催となりました。展示会場から離れていたこともあり、場所が分からず迷った方もありました。ご迷惑をかけましたことをお詫び申し上げます。例会では、通常の水溶液よりも水分解耐性が向上する濃厚水溶液を用いた黒色ポーラス金属アルミニウムの作製、太陽光水分解を目指したアノード酸化と熱処理によるナノ構造ヘマタイト被膜の作製、3Dプリンタによるマルチチャンネル液滴セルの作製とそれを用いた線状ポーラスアルミナ皮膜の複数同時形成に関する興味深い講演が行われました。興味深い新技術の紹介に、多数の質疑応答が交わされるなど、活発な会合となりました。

(八重真治代表幹事)

第105回ARS例会
SURTECH2020 表面技術要素展
 
【日時】2020年1月31日(金)10:30〜13:00
【会場】東京ビッグサイト(東京国際展示場) 南展示棟2階「南会議室A」( 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1)
 
【依頼講演】
濃厚水溶液を用いたアルミニウムの黒色電解エッチング  (京都大学)  北田 敦
アノード酸化α-Fe2O3皮膜の光電気化学水分解への応用と熱処理条件の影響  (JFEスチール(株)) 牧水 洋一
3Dプリンタにより作製したマルチチャンネル液滴セルによる局部陽極酸化 (北海道大学)  坂入 正敏 
 
参加者:50名

 

 

 

 

 第104回例会(日本軽金属・理研軽金属工業)開催報告 

 2019年(令和元年)12月19日(木)、静岡県静岡市の理研軽金属工業(株)および日本軽金属(株)において第104回例会が開催されました。午前の工場見学の部では、理研軽金属工業の本社工場を見学し、アルミニウムの押出し、表面処理、加工、そして製品化までの一連の工程を勉強しました。次に、日本軽金属の蒲原工場に移動し、アルミニウムの鋳造工程を見学しました。午後からは、日本軽金属のグループ技術センターに場所を移し、日本軽金属の水嶋様および清水様から、色調に及ぼすアルミニウムの合金設計の影響、電解コンデンサ用電極箔の材料・表面設計に関する講演、首都大学東京の益田先生から高規則性ポーラスアルミナの作製と機能化、慶應義塾大学の清水先生から低加速FE-SEMを用いたアルミニウム表面分析の革新に関する講演が行われ、大変有意義な例会となりました。

第104回ARS例会
ーアルミニウムの機能化のための材料設計とアノード酸化処理ー
 
【日時】令和元年12月19日(木)10:00〜17:25
【工場見学会】理研軽金属工業(株)本社・工場(〒422-8530 静岡県静岡市駿河区曲金3-2-1)
日本軽金属(株)蒲原製造所(〒421-3201 静岡県静岡市清水区蒲原161)
【講演会】日本軽金属(株)グループ技術センター(〒421-3203 静岡県静岡市清水区蒲原1-34-1)
 
【依頼講演】
アルミニウム合金設計とアルマイト色調  (日本軽金属(株)) 水嶋 一光
電解コンデンサ用陽極箔の静電容量向上のための材料設計と表面処理条件の検討 (日本軽金属(株)) 清水 裕太
アノード酸化ポーラスアルミナにおける幾何学構造制御と機能化  (首都大学東京) 益田 秀樹、柳下 崇、近藤 敏彰
低加速・超高分解能FE-SEMの拓くAl表面技術の未来 (慶應義塾大学) 清水 健一
 
参加者数:73名

 
 

 

 
 

 第36回ARS富山コンファレンス開催される 

 2019年10月30日(木)〜11月1日(金)、富山県富山市いこいの村磯波風において、第36回ARS富山コンファレンスが開催されました。アノード酸化研究の歴史、各種金属のアノード酸化技術の進展、接合を用いたマルチマテリアル化、アノード酸化の新しい展開に関する12件の依頼講演と14件のポスター発表が行われ、 活発な議論がかわされました。
 
 コンファレンスの閉会式において、優秀なポスター発表を行った3名の学生の皆さんに「優秀ポスター賞」が授与されました。おめでとうございます!
 
 

 

 

優秀ポスター賞受賞者
高野 辰幸 君(北大院総合化学):結晶性アノード酸化アルミナ皮膜中への電解質アニオンの取り込みについて
宮坂 亮佑 君(首都大都市環境):相転移を利用した陽極酸化ポーラスアルミナの細孔径評価
柳本 はるの さん(旭川高専):Al合金表面に形成したアノード酸化皮膜を利用した2層構造を有する耐食性表面層の開発

 
参加者数:52名

富山コンファレンスの写真はこちら

【ARS全般に関する問い合わせ先】
ARS事務局 e-mail:arsアットマークsfj.or.jp(アットマークを半角英数字@に変換して下さい)
【ホームページに関する問い合わせ先】
菊地竜也 e-mail:kikuアットマークeng.hokudai.ac.jp(アットマークを半角英数字@に変換して下さい)